« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月12日 (月曜日)

虫捕り12年(2013.08)

01

この夏も例年どおり更新が滞りました。暑いと山を歩く意欲が減退するのは確かですが、実はもうひとつ、歩くことから虫を探すことに重点が移ることも更新の止まる理由です。

初めて子供を連れて虫捕りにいってから数えてみるともう12年。 最初はクワガタムシとカブトムシが目的だったのですが、自宅で採卵から羽化まで経験すると興味の中心からは外れ、今は種類の多いカミキリムシに関心が移っているようです。


01_2
これは今年初めて出合ったガロアケシカミキリで全長5mmほどしかありません。芥子粒のようなカミキリムシということでしょうか。
動きが素早くて模様がはっきり判らず、東急百貨店の展覧会で東京農大の学生さんに名前を教えてもらったようです。こんな小さなカミキリムシはその気で探さないとなかなかみつからないはずで、つまり子供たちは初めから存在を知っていて探してたのでした。親の子供時代の経験をはるかに越えてるようです。


02
毎年のように出合うルリボシカミカリ、全国的に増えてるとのことです。私はこれが一番好きで、姿を見なかった年はなんだか物足らない、ちょっと春のツツジに似た位置付けになってきました。


| | コメント (0)

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »