« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月29日 (火曜日)

土俵岳(2013.01.27)

000
27日日曜日は笹尾根、笛吹から小棡峠に登り、土俵岳から下和田に降りて来ました。適度に踏み固められた雪が大半で、サクサクした感触が実に気持ち良い山でした。


001
小棡峠への登り。植林と伐採地が大半だが、西に少しだけ雑木林が残る。


002
小棡峠から土俵岳に向かう。南面には植林が続く。


003
土俵岳への登り。


004
土俵岳から北に続く緩やかな尾根、西側に雑木林が続く。ここを散策していたら野兎に出合った。

この尾根は934mで分岐する。人里への尾根に入って植林に変わる手前で東に戻るように折れ、日原峠からの峠道を秋川に下った。


005



| | コメント (0)

2013年1月27日 (日曜日)

鳥居立(2013.01.25)

001

雪が降りましたね。いつもなら冬籠りなんですが、今年は珍しく雪を待つ気分でした。
登り口までの運転が心配になるような降り方なので、少し様子を見ていましたが、どうやら山里の雪は都心より少なかったようです。
そんなこともはっきりした好天の25日、金曜日ですが、その雪を眺めに道志の山に向かいました。一月半ぶりにひとりで。


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


秋山川の市営鱒釣り場に車を置き、オビロ沢左岸の車道に入る。オビロ沢を渡り、折り返して右岸を北に向かった先、右岸を南に更に折り返す車道が分岐する。覗いてみると、簡単に上がれそうな斜面がある。


004
これを登って鳥井立北尾根に乗ると道がある。雪の上から判るほどはっきりした道だ。


005
やや細い、雑木の尾根を一気に登る。
このあたりで西の方から破裂音が間歇的に聞こえてくる。


006
傾斜が緩んで705mに向かう。
705mから植林に変わり、すぐに主尾根へ向かっての急登が始まる。雪の上には鹿の踏み跡があるのだが、鹿も苦労したのか土石が雪の上に散乱している。


003
主尾根に合流して急登は終わり。主尾根の西側に続いていた植林も暫くすると終わり。歩きやすく美しい尾根になる。


007
眺め下ろす雑木の主尾根。
西から破裂音は相変わらず聞こえてくる。長尾北尾根を下るつもりだったが、この時点でこれは断念。
それとは別に鳥居立頂上にヘリコプターが何度かやってくる。今日は特別賑やかな日のようだ。


008
鳥居立頂上。
今日はアナログ放送用のアンテナ撤去工事のための資材搬入をしていたとのこと。次に来る時にこのアンテナはないことだろう。


009
稜線を西に向かう。まっさらな雪の斜面は気持ち良い。
が、一歩毎に数十センチ沈み込むのはなかなか堪えるので、長尾との鞍部で休憩。下り方を考えながらお昼にする。


010
鳥居立に戻って稜線を東に下る。


011
二重山稜。


012
巌道峠の手前、泥濘と軟雪の植林を抜けると斜面は乾いている。陽射しが強くて風がなく、春の山に変わった。 さっきまでちらほら出ていた雲も消え、展望も素晴らしい。


014
巌道峠。この先安寺沢の集落まで、林道には結構な雪がある。以前巌道峠から下ったときには途中で池ノ上に上がってしまったので、その先は初めて。雑木が多くて悪くない。
集落で林道を左に折れ、金波美トンネルを抜けて車に戻った。


015

| | コメント (0)

2013年1月26日 (土曜日)

安寺沢を悼む(2013.01.25)

021
画像は相模川水系秋山川の安寺沢、その金波美峠近くから始まる流れです。

脇には林道があるし、籔っぽくて歩く気にはならない沢でしたが、埋めて均され、街の用水のように流れる姿は寂しいです。 3年前の晩秋、点々と残る赤い紅葉を眺め下ろしたのが最後でした。


022
その上流は更に広い。なにか作るのだろうか?


023


| | コメント (2)

2013年1月13日 (日曜日)

白違い(2013.01.13)

006
東京の最高気温は連日一桁、山への意欲は減退気味なのですが、子供は相変わらず山に嵌ったまま。週末は出かけることにしたものの、冬姿の雑木も食傷気味で、雪か霧氷でも来ないかと考えていました。
そんな
思いは屈折して天に届いたのか、今日は白樺の混じった雑木林に出合いました。白違い。でも白樺は久しぶり、これはこれで新鮮でした。


003    


007
冒頭の窪地に連なる小尾根、ここにも白樺。


008
別の窪地、白樺はない。


010    


011  


| | コメント (0)

2013年1月 2日 (水曜日)

扇山(2013.01.02)

000
ことし最初の山は扇山、正月2日ならさすがに空いてるだろうと選んだのですが、昼時の山頂には7,8人。やはり多いと思いましたが、この山としては少ないのでしょうか。
登りは大久保山南西尾根、951m峰の南尾根からとりつきました。下りは南東へ、山谷に向かう道を下り、途中から扇山林道に入って梨ノ木平に置いた車に戻りました。



008
951m峰南尾根に取り付いたところ。始めっから雑木林なんて嬉しい。


001
植林は少し、それに待望の伐採跡も現れる。


002
いくらか藪っぽく、次第に傾斜も急になるが、ほとんどが赤松の混じった雑木林。


003
951m峰から東に向かう。 緩やかな雑木の尾根だが今日に限っては北風が強烈。それでも南に数m下れば風は収まるので、大した距離でもないのに避難がてらなんども休憩。ついでにお昼もこの尾根で済ます。

004
小さな露岩。


005
大久保山から扇山に向かう。 大久保山から先は風が穏やかで、お散歩気分。


006
扇山から南東尾根の登山道を下る。


007
南東尾根を離れ、山谷へ下る。途中で出合う扇山林道を梨ノ木平に戻って帰路についた。


009




| | コメント (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »